2022/05/29

地区集会2022/5 『ユニセフ募金』

5月29日、尾張西地区のガールスカウトが国府宮神社に集まり、地区集会を行いました。今回のテーマは「ユニセフ募金」です。

セレモニー

・尾張西地区(津島、愛西、一宮、稲沢)のガールスカウトで、パトロールという小グループを4つ作ったらセレモニーのはじまりです。今日はガールスカウト活動に興味を持ってくれたお友達も参加してくれました。

他団のスカウトも合わせてグループになり活動します。
他団のスカウトも合わせて
グループになり活動します。
馬蹄形に整列し、世界連盟歌を歌います。
馬蹄形に整列し、
世界連盟歌を歌います。
みんなの緊張をほぐすレクリェーションをしました。
みんなの緊張をほぐす
レクリェーションをしました。



ユニセフ募金の説明

・ユニセフ手帳を準備し、地区長さんの話を聞きました。世界には5歳になる前に死んでしまう子がたくさんいること、その原因が多岐にわたっていること、それを解決するために100円の募金でも役立つことを知りました。

「世界には、5歳になる前に死んでしまう子がたくさんいます。」
「世界には、5歳になる前に死んで
しまう子がたくさんいます。」
「1年間で520万人もいます。特にアフリカが多いです。」
「1年間で520万人もいます。
特にアフリカが多いです。」
ユニセフの活動を紹介する動画も視聴しました。
ユニセフの活動を紹介する
動画も視聴しました。

【ユニセフ募金】
100円で届けられる物の例

栄養治療食
3袋分
ポリオワクチン
5回分
浄水剤320袋
(1錠約5ℓ)



募金活動

・募金活動は、国府宮駅と国府宮神社に分かれて行いました。コロナ対策として大声で呼びかけることはできませんでしたが、心ある方々にご協力いただくことができました。本当にありがとうございました。



集計・感想発表

・各パトロールごとに集まったお金を集計し、全体で24,863円になりました。各自ワークシートに今日のまとめを書きました。パトロールリーダーはみんなの意見を集約し、発表しました。

集まったお金はどう役立つの?
集まったお金はどう役立つの?
「大型テントは無理だけど、他は届けられそうだね。」
「大型テントは無理だけど、
他は届けられそうだね。」
シニアさんは、短時間で意見をよくまとめてくれました。
シニアさんは、短時間で意見を
よくまとめてくれました。



今日の募金で何が届けられるかな?
ユニセフ手帳に募金で届けることができるものが書かれていました。

大きい毛布
1枚515円
大型のテント
1張200,578円
防虫効果の高い蚊帳
(マラリア等の予防)3張627円
学用品と教材(子ども40人と
先生1人用)1セット15,677円

・今年の『地区ふれあいの日』ではユニセフ募金について学びました。自分たちが呼びかけ、それに応えてくれる人がいることは本当に有難いことです。ユニセフ募金が具体的に何に使われるのかを知り、今回の活動で少しは役に立てたのではないかという気持ちがスカウトの心の中に芽生えてくれたら幸いです。

・活動の最後に小さな組み立て式の募金箱をいただきました。12月に団で行なっているユニセフ募金の活動までに少しずつ各家庭でも取り組んでいきたいです。

ホームへ先頭へ前へ戻る