2019/12/20

集会2019「防災すごろく」

 12月15日の集会は、『稲沢市赤十字奉仕団』の方々に来ていただき、『いえまですごろく』を使って大地震発生時に起こりうる状況を学びました。ジュニア部門のスカウトたちにはいい機会となりました。

「うわぁ、がれきをどかそうとして手をけがしたって」「どうする?」
「うわぁ、がれきをどかそうとして
手をけがしたって」「どうする?」
危険を予測するカードもあるんだね。「これって、ここが危ないね。」
危険を予測するカードもあるんだね。
「これって、ここが危ないね。」
「すごろくで勉強できるなんて、おもしろいね。」
「すごろくで勉強できるなんて、おもしろいね。」
「ガールスカウトのチーフで、腕を固定する練習をしてみよう。」
「ガールスカウトのチーフで、
腕を固定する練習をしてみよう。」
 
 

ジュニア部門<Kさんの感想>
 私は防災についてあまり考えたことがなかったです。防災すごろくをやってみて、すごろくなのにたくさん考えたりできてとてもよかったと思います。
 すごろくで学んだことは、コンビニにある「帰宅支援マーク」です。(1)水道水の提供、(2)トイレの使用、(3)ラジオで知り得た情報の提供をしてくれる所に、このマークがあることを知りました。
 何かあったら、まず、声を上げて大人を呼んでくることが大切だと
わかりました。また、デマが流れることがあることや『171』という
災害用の電話があることも知りました。

ホームへ先頭へ前へ戻る