2011/5/1

みんなの声 32団:56団:103団

ガールスカウトで活動中の親子の声をお届けします!

32団 ブラウニー部門

N.Kさんの保護者
「ガールスカウトとうちの子について」
アクティブウォークに参加し、暑い中、最後まで歩けたことは、とてもいい経験になりました。
テーマは、地球温暖化防止、エコについてでした。
娘は、知らない事だらけで、とてもいい勉強になったといっています。
買い物にエコバック持参、車を使わないでいける所には、徒歩、自転車などで等々、簡単にできる事をやってみようと、親子共々再確認できました。
これからもいろいろな行事に参加させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


56団 ジュニア部門

N.Aさん
「ガールスカウトに入って」
わたしはガールスカウトに入って5年になりますが、ためになったと思うことがたくさんあります。例えば「地区ふれあいの日」では、団の外へ出かけるので、電車の中やその場所でのマナーを知ることができました。また団の「クリスマス会」では、他のスカウトといっしょにスタンツをもり上げる楽しさを、「キャンプ」では協力することを学びました。団の集会では、スカウト活動をしていなければ気づかなかった「地球おんだん化の問題」や「なん民問題」なども勉強し、気にするようになりました。こうしてガールスカウト活動で知ったことが、生活につながっていくのを感じます。そのたびにわたしは、スカウト活動をやっていてよかったと思います。
わたしはガールスカウトをずっと続けたいと思います。そしてみんなにもガールスカウトのことを知ってもらいたいです。


103団 ブラウニー部門

Y.Oさん
「フワフワランド・わたわた国ーゆめの国作り」
わたしは、美浜少年しぜんの家へ一ぱく二日で行きました。
行く前は、友だちができるかしんぱいだったけど、ゆめ作りをしているうちに、少しづつなかよくなれました。
ゆめの国作りは、すごくたいへんでした。わたしは、わたわた国だったので、わたのみをいっぱい作りました。
ゲームも考えました。なかなかきまらなかったので、みんなで話し合って、わたわたキャッチゲームにきめました。
金かをかせぎに、ゲームをしたりして、むずかしいのもあったけど、たのしかったです。

老人ホームへの慰問
老人ホームへの慰問

このページでは、みなさんの声を載せていきます。
集会でのスカウトの様子・ことば・リーダーや保護者の気づきなど、投稿をお待ちしています。

ホームへ先頭へ前へ戻る