2014/11/15

三河中央地区ギャザリング報告

参加したスカウト小3に聞いてみました

①ギャザリングって何ですか?
地区(岡崎市、安城市、西尾市、額田郡)のガールスカウト達が集まって、一つのテーマのについて考えたり、体験したりして気づいたことをグループで協力しながらまとめていくグループワークです。

②今回のギャザリングのテーマは何でしたか?
テーマ:一緒にならこの世界を変えられる
サブテーマ:教育はすべての少女と少年の未来への扉を開く
このテーマについて考えました。

③実際にどんなことをしましたか?
字が読めないと実際どんな風に大変か、リーダー達が作ってくれた「はてな王国」という仮想の王国で体験しました。そしてみんなで最後に体験して思ったことと、教育を受けて将来なりたいものを大きな紙に一人づつ書いてパトロール(=少人数のグループ)ごとにに発表しました。

④参加した感想を教えてください
実際に字が読めないことを体験して、字が読めないということはすごく大変なんだと改めてわかりました。
これからは世界中にいる字が読めない人のことを考えて勉強していきたいと思います。
そして他の団の友達がたくさんできて本当に良かったです。

保護者の感想
最初はどんな顔をして帰ってくるかな?と期待半分、心配半分で送り出しましたが「楽しかった~!」と色々な話をしてくれ大変良い経験が出来たと思います。グローバルな視野を持ち、リーダーシップが取れる人材育成を…と最近言われていますが学校や習い事でそれを身に着けることはなかなか難しいと思います。ガールスカウトの活動を通じて、そういった視野の広い体験が出来ることはとても貴重だと感じます。

ホームへ先頭へ前へ戻る